[Sitecore 8][ClayTablet]ClayTableを使って多言語対応

概要:ClayTabletのセットアップの手順まとめ。

———————————————————————————————

検証環境は次の通りです。

  • Sitecore Experience Platform 8

必要なもの

  • ClayTablet

 

ブログの方をさぼって大変申し訳ございません!!

転職してからてっきりもっもブログを書く時間があると思ったけど、これは大間違いでした。

業者で勤めていた時よりも忙しいです。ただ、先月サイトコアのSymposiumにて、原水さんと会い、いろいろと話を伺ってから、もっとブログをしなければと思った。

今回、ClaytTbletについて書いてみたい。なぜなら、米国のブログも、日本のブログをみでも、これについて詳細な

記事を見つからなかったので、かつ、サイトコア、とくにバージョン8以降、多言語に対応する機能は充実しています。

ほんとに、サイトコアホームページにあるセリフ ”日本語や英語など数十か国語を対象に言語毎のコンテンツ更新履歴や公開ワークフロー、SEO設定などを管理することができます。”になっています。

 

ClayTabletって何?

ClayTableはサイトコアのテクノロジーパートナーです。

製品の詳細は直接ホームページをみればいいです。

http://www.clay-tablet.com/products/cms-connectors/sitecore

20161017_ct_001

20161017_ct_002

 

セットアップ

私の場合は購入後下記のようなパーケージをもらいました。20161017_ct_003

 

データーベースのセットアップ

まず、パーケージにあるデーターベースをアターチします。私の場合はサンプルサイトのsanboxの既存の

データーベースグループに追加

20161017_ct_004

20161017_ct_005

 

接続に使用するユーザーがアクセス権限を与えます。

20161017_ct_006

 

サイトのコネクション設定にコネクションを追加

20161017_ct_007

 

サイトのデーターフォルダ下にCT3というフォルダを作成し、パーケージにあるライセンスをコピーします。

20161017_ct_008

 

*このライセンスは環境別に分かれています。
  私の場合はその違いが翻訳先が機械翻訳かヒューマン翻訳のFTPサーバーへ送るかの違いです。
*FTPサーバーを利用する時、サイトコアからサーバーへ送ったファイルが
From_LSP”に送られます。逆に完成したファイルが”To_LSP”に置きます。

20161017_ct_009

サイトコアへ送ったファイルがFrom_LSP”にて下記のように言語別のフォルダが作成されます。

20161017_ct_0010

それぞれのフォルダにて、下記のようなのxmlファイルがタスクいIDがあり、これが翻訳された後、

To_LSP”に置きます。その際に注意してもらいたいのはサブフォルダではなく、直接xmlファイルを置くよういします。サポートからサブフォルダより読み取らないです。

20161017_ct_0011

さて、ClayTabletのパーケージをインストールしましょう。パーケージをコピーし、

20161017_ct_0012

インストーラーにしたがってインストールします。

20161017_ct_0013

もし、どんなファイルがインストールされたのかを確認したいなら、

ZIPファイルを見ればいいです。必要なサイトコアアイテムをTDSを使って

REPOにインポートすればいい。

20161017_ct_0014

 

インストールした後、最初に確認したいのはワークフォローです。

サンプルのワークフォローがついてきていますが、

20161017_ct_0015

 

自分のサイトに合したワークフォローに統合しましょう。

20161017_ct_0016

 

注意してもらいたいのは、インストールする際にデーターベースへの変更があります。

20161017_ct_0017

20161017_ct_0018

 

このため、もし、別の環境はClayTabletを移行する際に、ターゲットの環境で、新しいインストールを

するか、既存のインストールしたデーターベースをバックアップして、リストーアするかになります。

たーゲート環境でディフォールのデーターベースを使用して、ファイルとアイテムだけディプロイした場合は

データーベースがマッチせず、エラーになります。

 

これで、インストール完了になします。翻訳をするのは極めて簡単です。
ここで一括翻訳をしてみます。

 

ホームにて、一括翻訳を選択

20161017_ct_0019

業者を選択します。必要な業者をコメントアウトするには、コンフィグレーションにてできます。

20161017_ct_0020

 

ここでは直接業者を送ることを選択

20161017_ct_0021

 

サマリーが表示されます。

20161017_ct_0022

テータスが表示されます

20161017_ct_0023

ステータスを確認します:

20161017_ct_0024

 

翻訳中、サイトことにてアイテムが翻訳中であることが表示され、新しい言語のバージョンも作成されます。

20161017_ct_0025

 

翻訳が完了され:

20161017_ct_0026

ワークフォローを使って、承認を行い、公開します。20161017_ct_0027

もし、エラーが発生する場合はログファイルにて確認。

20161017_ct_0028

20161017_ct_0029

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です