[Sitecore][301 redirect]301リダイレクト

概要:ページずつサイト移行する際のリダイレクトについて。

今回、新しいサイトを構築することになり、ただ、ページずつ作っていくようにと言われました。そのため、もし、サイトコアにてページが作成されていない場合、既存のサイトへリダイレクトをしなければなりません。サイトコアの404についての記事がたくさんあります。404の後、301に設定する記事もあります。私のようなの場合に関しての記事を見かけなかった。ここで自分が思ったことをメモ書きの形で書いていきます。

手始めはサイトのホームーページだけサイトコアへ移行することです。私はすぐに思ったのは404のページを設定すればいいのではと思った。そこで自分に聞くのは今回サイトコアにてホームページだけ移行するのでホームページ以外は全部404になることになります。ですので404の設定だけではだめでした。

客先にどのページは今後サイトコアへ移行するなのかを聞いたところ分からないといわれ、ホームページ以外は既存のサイトへリダイレクトすることと言われました。

まず、考えるのはどんなページがリダイレクトするのかの一覧を作りました。

1.既存サイトはPHPページが多く、PHPページへのリダイレクト

FROM: www.newsandbox.com/contact_us.php&lang=ja&prod=1&trial=1

TO: www.oldsandbox.com/contact_us.php&lang=ja&prod=1&trial=1

最初に思ったのは、これらのPHPページをPHPをカスタム拡張子として対応すると思った。

サイトコアプロセッサでHttpRequestBeginパイプラインにてItemResolverを使用して、サイトコアは、拡張子を考慮せずに、URLからの実際のパスでコンテキストアイテムを決めています。ですので、PHPの拡張子さえ許可すればカスタムコードで対応すればいいかと思った。

20161024_00

しかし、実際に既存のサイトを見ていくと、多くのページがサーバー側の機能を持っています。これらの機能は依然の業者が作成されていたためドキュメントがありません。機能の検証をしながら、こちらへ導入するにはかなり時間がかかります。ですので、すべてのPHPページを既存サイトへリダイレクトすることになった。そうなると、IIS の URL リライト モジュールにてリダイレクトで簡単に対応ができました。

20161024_01

2.サイトコアに存在しないページのリダイレクト

FROM: www.newsandbox.com/not-exist-in-sitecore-page

TO: www.oldsandbox.com/not-exist-in-sitecore-page

みんな知っているように、サイトコアは404の後に302のステータスコードでリダイヤルされるので、カスタム404を行っているのは普通です。ですので、簡単なプロセッサを作って、301のステータスコードで返すようにしました。パイプラインにてプロセッサを追加するに関しての記事が沢山あるので、ここで書きません。パッチをするところとコードだけを見ていきます。

これをItemAliasResolverの後にパッチすることにしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です