[Sitecore][Azure AD B2C] Azure AD B2C サインアップポリシー

20170606_03

 

サインアップポリシー

名前の通り、ユーザをサインアップします。

20170606_04

サインアップポリシーを作成については、サインアップ-ポリシーを作成するを参照にしてください。

 

📝学んだ事:😵え~、ユーザ名はアプリケーションの要求に含まれていないの?

私のIDプロバイダーの設定は下記の通りです。

20170606_05

 

アプリケーション要求(claim)にユーザ名が含まれていない。stackoverflowでみたところ、

ユーザ名はアプリケーション要求に含まれていないのようです。

20170606_06


ちょっとだけのコードが必要ですが、マイクロソフト社の
OWINミドルウェアを使用すれば簡単にユーザ名の取得ができました。サンプルコードはこちら.

ユーザ名の取得のコードは上記のstackoverflowのリンクkに在ります。しかし、実際に動作

したサンプルコードを既存のソリューションへの統合する際に、OWINが参照している

いつくかのライブラリーが必要とされている.NETのフレームワークに満たせませんでした。

ですので、OWINを使うことを見通りとなった。😟

 

別の解決方法を見ていくうちに、Graph APIのコンソールアップを見つけました。これは

OWINと比べて参照しているライブラリーが少なく、既存のソリューションへの統合

極めて簡単。

 

Azure AD B2c にてサインアップリスポンスにて、objectID をチェックすれば、

20170606_07

 

objectIDがアプリケーション要求に含まれますので、

20170606_08

 

objectIDを使用して、サンプルのコンソールアップにあるGetUserByObjectId()の

コードを流用すればいい簡単にユーザ名の取得ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です