[Sitecore 8][Content Search][IFilter]IFilterを使ってサイトコアコンテンツ検索 その二、Adobe Ifilter 9を使ってコンテントをインデックス

概要:AdobeIFilter9を使ってメディアのコンテンツのインデックスをする手順を書きます。


検証環境は次の通りです。

  • Sitecore
  • Sitecore 7

 

必要なツール

 

下準備

1.インストールAdobeIFilter 9. zip file 解凍して、PDFFilter64installer.msiを実行20150209_003

.SearchFilterViewを解凍して、実行。AdobeIFilter 9がインストールされていることを確認。20150209_004

 

設定

Adobe PDF iFilter 9 を使用するに当たって動作しないようとの記事がよく見かけます。

手動な設定が必要なので、ここにてまとめておきます。

1.Adobe PDF iFilter 9 を環境変数に追加。20150209_00

Adobe PDF iFilter 9のパスを追加します。

2.PDFFilterライブラリC:\Program Files\Adobe\Adobe PDF iFilter 11 for 64-bit platforms\bin\PDFFilter.dllをC:\Windows\System32\inetsrvへコピーする。
20150209_005

4.impersonateを有効にする。

5.サンプルのPDFファイルを作ってメディアライブラリへ追加

20150209_006
6.抽出設定がPDFを有効にしていることを確認

20150209_007

7.下記のステップでキャッシュをクリア
a. “Website/App_Data/MediaCache” フォルダ下のファイルを削除
b. サイトコアにてインデックスを再構築
c. サイトコアのキャッシュをクリアhttp://{hostname}/sitecore/admin/cache.aspx
d. IISをリセットします。

確認

Lukeを使って、抽出したフィールと “_Content” にてPDFのコンテンツを確認。Lukeを使ってサイトコア8のLucenceインデックスの内容を確認する方法はこの記事を参考

20150209_008

また、コンテンツ検索にて確認ができます。

20150209_009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です